瞑想つれづれ日記⑥ 自分を傷つけているものは

コラム

嫌なものを見たとき
聞いたとき

嫌なことを言われたとき
なんなら相手は無言のままのとき

腹が立つ
不快になる

でも
ふと気が付くと
傷ついていることがある

いつしか
不安になっていることがある

そのまま瞑想してみる

出てくるものから離れて逃げて
何もない時間と空間の中に身を潜めているとき

自分が安全な場所にいることに気がつく

そうか、
自分を傷つけていたのは
自分の想いだったのか

真に幸せな人は
傷跡が残らないそうだ

反応はするけど
出来事も感情も
その人を通り抜けていき

その人に傷跡を残さないそうだ

心を捨てた人は
傷跡が残らないそうだ

そう聞いて
私はまだ
自分が心を握りしめていると
気づく

タイトルとURLをコピーしました