瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記⑫ 忘れる幸せ

施設に入所している父に久しぶりに会いに行った。 まだガラス越しの面会だ。 妹と休みを合わせて片道約2時間弱のドライブをする。 今年90歳を迎えた父は認知症。 私と妹のことは忘れていないし、見分けもどうにかつく。 ガラス越し...
瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記⑪ 桑の実の思い出

先日梅の実を拾ったルートをまた歩いてみた。 誰も拾わない黄色い実は 歩道にまで転がり出ていた。 見上げると、「これから下に落ちますよ」と言わんばかりに鈴なりだ。 よく見ると、同じ通りには桑の実も生っていた。 子どもたちと過ごし...
瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記⑩ 甘酸っぱい幸せ

今朝はあいにくの小雨だったが 傘をさして、日課の朝食前の散歩に出かけた。 「早起きは三文の徳(得)」と言われるが 私の朝の散歩は、早起きとはとても言えない その日その日、目覚めた時間によってまちまちの散歩だ。 ルートもその日の...
瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記⑨ 箸が転げても

闘病中の友人と再会した。 彼女は関東に、私は九州の田舎町に、普段は遠く離れて住んでいるが 彼女は親に会いに 私はセミナーや子どもたちに会いに それぞれが帰省、上京したタイミングでこれまでも頻繁に会っていた。 なまじ同郷に住む友...
瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記➇ みんな一生懸命生きようとしている

Twitterを始めてから2か月半が経ちました。 初め、身内の3人でスタートしたものが、今ではフォロワーさんも150人を超えました。 やはり、Sさんが作った先生のメルマガ配信動画の人気は高く そこからのフォロワーさんが流れてきてく...
瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記⑦ Twitter始めました

昨年冬からTwitterを始めました。 当初、私はそういう世界に全く興味がありませんでした。 デジタル音痴の上に 情報の洪水とも言える世界に わざわざ自分から飛び込む気にはなれませんでした。 そんな時、ある瞑想仲間がインス...
瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記⑥ 瞑想の必要のない人はいない

瞑想の効果について人に問われることがよくあります。 そんな時、私は 「これです!」って、 「私はこう変わりました!」と、 即答できる具体例に窮することがあります。 だってね、ビビりが治ったわけでもないし 緊張しいが無くな...
瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記⑤ 自分を傷つけているものは

嫌なものを見たとき 聞いたとき 嫌なことを言われたとき なんなら相手は無言のままのとき 腹が立つ 不快になる でも ふと気が付くと 傷ついていることがある いつしか 不安になっていることがある その...
瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記④ 世界でもっとも純粋なものを

自我・・・それは、他者との関係で理解している自分。 たとえば、単純な例でいくと 自分は「母だ」 自分は「妻だ」 自分は「社長だ」 自分は「バカだ」 自分は「優秀だ」・・・などに始まって 私は「○○しなくてはならない...
瞑想つれづれ日記①-

瞑想つれづれ日記③ 毎日の瞑想で死ぬんです

高校時代からの友人が癌であることを知らされたのは今年2月のこと。 両親の仲が良く、明るく穏やかな家庭で育った友人は やはり明るく穏やかで、そしてとても楽天的。 少しくらい嫌なことやショックなことがあって落ち込んでも 2時間もすれ...
タイトルとURLをコピーしました